<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

J1・ファースト第20節 FC東京 1-1 名古屋グランパスエイト(味の素スタジアム)


写真は後日。

前節浦和戦で初出場初ゴールの先制ヘッドを決めた現役パラグアイ代表ササが頼みの綱なんですが、やはりコンディションが完璧ではないのか控えスタート。
ルーカスの1トップ。
この試合で通産100試合出場の石川ナオが右。
左足が魅力の鈴木ノリオが左。
トップ下が栗澤かな。
という布陣。

このカード、地味に日本代表控えキーパー対決ですねww

両チームともに前半から後半の終盤まで終始スペクタクルに欠く展開。
前線でキープできない。
フォローとか、走れてなかった。

後半に入り、→ササ、→三浦文丈、→馬場と投入するもいまひとつヒットせず。
ダラダラとした流れが続く。

そして、後半32分に名古屋にすっかり溶け込んだ藤田俊哉に先制されて、ようやく目が覚めた東京。

やっと有効な攻めを仕掛け始める。

このまま敗戦かと思われた後半43分今野の左からのクロスを楢崎が、あの楢崎がファンブルしてゴールにIN
それまでジャーンのシュートをスーパーセーブしたりしてたのにね。
これで同点。

この後、勢いが出て猛攻を開始。
あんなに動けてなかったのが嘘のような攻めっぷり。

しかしこのまま終了の笛。

猛烈に悔しがる楢崎に、東京サポから「楢崎コール」。

東京は、ササに決定力があるにせよ、いい形でラストパスが出ないことにはゴール量産とはいかないでしょう。
ルーカスが引いてきちゃうと、前に誰もいなくなってしまって困ってるシーンが何度もあって気になった。
ルーカスはコンディションも悪かったようだ。
失点シーンでパスカットに行って芝に足を取られて嫌なひねり方をした金沢が心配。負傷交代したから。

名古屋は、いい具合にチームに馴染んで消えている時間があってもチャンスには顔を出してくる藤田、中盤でこぼれ玉を拾いまくる汗かき役のクライトンが効いていた、ルイゾンは良くなかったみたい。

ということで川口負傷長期離脱で気になる日本代表の正GKは、楢崎に勝った土肥で決まりでいいんじゃないでしょうか。


「子供の日」だったので沢山の子供が来てたわけだが、見てた後ろの方にいた酔っ払いの小汚いヤジで子供の夢が壊れてなければいいんだけど・・・。
みんなの憧れ、ヒーロー石川ナオを馬鹿にしちゃだめだってば。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-08-25 21:18 | FC東京

☆次回観戦予定★

J1リーグ 第20節
FC東京 - 名古屋グランパスエイト
8月24日(水) 19:00KickOff @味の素スタジアム

ササ!!
前節初出場初ゴールのササが2試合連続ゴールなるか。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-08-22 17:38 | お知らせ

ワールドカップドイツ大会 アジア最終予選 日本 2-1 イラン (TV中継)


詳細

ともに予選突破を決めた者同士、でも唯一黒星を喫したイランをホームで迎え撃つ。
日本もイランも欧州組がいないメンバー。
ブンデスでノリノリの活躍を見せているカリミ、ハシェミアン、そしてマハダビキアがいないが、大黒柱ダエイが怖いイラン。

日本は再びレギュラー組が先発。
果たして、新戦力の投入はあるのか。

GK 川口能活
DF 田中誠、宮本恒靖(cap)、中澤佑二
MF 加地亮、福西崇史、遠藤保仁→今野泰幸(後半39分)、三都主アレサンドロ、小笠原満男
FW 大黒将志、28 玉田圭司→30 阿部勇樹(後半44分)

Sub:楢崎正剛、駒野友一、茂庭照幸、本山雅志、巻誠一郎


日本が飛ばして攻め立てる序盤。
ゴールの匂いがプンプンする展開。

そして前半28分。
小笠原から左の玉田にパスが出て、それを中央に折り返し、大黒がニアでGKと競って後ろにこぼれたとこに加地が詰めててGOAL!!
1-0

その後も攻めるが、前半終盤はイランペースで、肝を冷やすダエイのシュートがポストに当たったシーンもあった。

後半、暑さと湿気でバテバテになってたとこにCKから大黒がヘディング!
DFのクリアがGKに当たり、線を越えてたということでGOAL!!!
欲しかった追加点。
2-0

直後、ペナルティエリア内でダエイが受けてキープ。
反転したとこを中澤が倒してイエロー!
PKを取られる。
ダエイが決めて2-1

この後、運動量の落ちた遠藤に代わって今野in、玉田に代わって阿部を投入し、守りきり勝利。

やはり、得点直後のバタバタしてるところでの失点は厳しい。
きっちり勝てたのは+だけど。

でも、日本まできて、しっかり国際Aマッチ得点記録を更新し続けるダエイの精神力には脱帽。
ダエイのチームですよイランは。
ピンと伸びた190㎝のデカい背中がかっこよかった。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-08-17 22:01 | ジーコJAPAN

東アジア選手権 日本 1-0 韓国(TV観戦)

詳細

1分1敗で迎えた第3戦。
永遠のライバル韓国とのアウェイ戦。

GK 土肥洋一
DF 坪井慶介(Cap)→中澤佑二(後半15分)、茶野隆行、茂庭照幸
MF 駒野友一、今野泰幸、阿部勇樹、村井慎二、本山雅志→小笠原満男(後半24分)
FW 巻誠一郎、玉田圭司→大黒将志(後半33分)
怪我の田中達也の代わりがなぜに玉田!?

アウェイということもあり、控え組ということもあり、予想通り攻め立てられる展開。
ただ、今野の危機察知能力は効いてたし、イ・チョンスと相対した茂庭も危ない場面があったもののDF陣は踏ん張り、第3GK土肥のスーパーセーブ連発もあり、なんとか無失点。

攻撃は、イマイチ攻めきれず、シュートが少なかった。
左の村井はらしいプレーも見せたが、右の駒野がほとんど目立たなかった。
巻が孤軍奮闘してたが、悔し紛れに本山がミドルを放つ感じ。

後半途中には、怪我った坪井に代わって北朝鮮戦で痛恨のミスを献上した中澤がIn
さらに、小笠原、大黒と交代カードを切っていく。

そして終盤の86分、巻が奪い取ったCKから、レギュラー組の意地か小笠原→中澤(しかも左足アウトサイド)で押し込んで先制 1-0

そのまま終了。


新戦力でも、特に今野、巻、田中達也、村井(のDF力)はレギュラー組に即反映してもよいのではないでしょうか。

新戦力発掘という観点からは大きな収穫をあげた東アジア選手権でしたが、もし初戦で勝ってたら、スタメン総入替にはならず違う展開になってたはず。
結果オーライですね。
またジーコが強運ぶりを発揮したと言うことでしょうか。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-08-08 19:44 | ジーコJAPAN

東アジア選手権 日本 2-2 中国(TV観戦)

詳細

大事な初戦でつまづいた日本代表。
この試合のスタメンは、

GK 楢崎正剛(cap)
DF 茶野隆行、坪井慶介、茂庭照幸
MF 駒野友一、今野泰幸、阿部勇樹、村井慎二→三都主アレサンドロ(後半29分)、本山雅志→玉田圭司(後半21分)
FW 巻誠一郎→大黒将志(後半21分)、田中達也

北朝鮮戦からスタメン総入れ替えでした。

やはり急造DFなので連携ミスや、Easyなミスで前半2失点するものの、なんとか追いついてドローでした。

巻、田中達也の2トップは、もっと見たいなと思わせてくれたぜ。
達也のミドルは、やばかった。
次も先発でしょう、おそらく。
巻は確実にヘッドで競り勝ってたし、外しまくったのは痛いが、点を取りだしたらブレイクの予感がプンプン。

右の駒野、左の村井は、特に前半は駒野がよかった。
駒野は飛ばしすぎて後半はバテバテ。でもアピールになったでしょう。
村井はDFが危なっかしくないので、DF面はアレックスよりリードか。
アレックス、加地で固定で穏やかだった両サイドにも波風が立ってきた。
不動のレギュラーも、この先脅かされることになりそうだ。

阿部、今野のボランチ。
阿部はFKがキレキレで大きな武器なことに変わりはない。
初出場の今野も危機察知能力は存分に見せつけたと思う。
終盤はバテたか。

3バックが連携ミスがあったのは仕方ない。
でも、坪井が「ちゃんとマークしろよ」って感じで1点献上したのは気になった。
茂庭の攻撃参加は滅多に見れないぞー!!!
茶野は、包帯グルグルで頑張ってたね。

楢崎は、第二GKだね。
でも、もっと出番のない土肥出して欲しかったね・・・。

一番気になったのは、同点に追いついて「良し」としてしまったのか、
後ろで回してるぐらいなら放り込んだりしてみろよ!って思った。
もっと戦う気持ちを最後まで出して欲しかったな。

これで、レギュラー組も危機感を持ってやってくれればよいね。
韓国戦、有終の美を見せてほしいね。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-08-04 23:43 | ジーコJAPAN