<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

韓国 3-1 ドイツ (結果のみ)

韓国代表は19日、釜山でドイツと親善試合を行い、3―1で勝利。
アジア勢12回目の挑戦で、ドイツから初白星を挙げた。

前半16分にMF金東進(キム・ドンジン)が豪快なボレーで先制点。
24分にバラックのFKで同点とされたが、後半にFW李東国(イ・ドングク)、清水のFWチョ・ジェジンが得点を重ねて突き放した。
ドイツとは02年W杯準決勝以来、約2年半ぶりの対戦だったが、きっちり雪辱を果たした。

守ってもGK李雲在(イ・ウンジェ)がバラックのPKをストップ。
ボンフレール監督は「経験ある多くの選手がチームを去ったが、世界トップクラスのチームを倒すことができた」と、チーム立て直しに手応えを感じている様子だった。
日本は16日にドイツに0―3で敗れたばかり。日本のサッカーファンに複雑な思いを抱かせる韓国の快挙だったかもしれない。
(スポニチ)


確かに複雑ですね。
でも、韓国すごいです。
日本は手も足も出なかった感じですから。

チョ・ジェジンの活躍がいいですねーー。
来年もエスパルスで得点量産してほしいですね。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-20 23:47 | 国際親善試合

キリンチャレンジカップ2004 日本 0-3 ドイツ (横浜国際 生観戦)

a0027371_12421447.jpg
a0027371_12422314.jpg
a0027371_12423053.jpg
a0027371_1242386.jpg



とにかくドイツは、デカくて強かった。
最終ラインに高い壁が立ちはだかり、特に17番、その後ろにもあのカーンが仁王立ちしてるので、とにかく「堅守」でした。
あと、トラップとか基礎がしっかりしてる印象でした。
日本は、トラップがもうちょい何とかなんないと、戦えねーなって感じでしたね。
トラップが大きくて、片っ端から取られてました。
こぼれ玉も圧倒的にドイツが拾ってました。

そんな展開の中でも、なんとか前半は凌ぎました。
GK楢崎の後ろでDFが間一髪クリアってのが2回ぐらいありましたね。
ふぅーーー。って感じ。

後半に入り、9分、バラックのFKを楢崎が弾いた所に、なんとクローゼが詰めてて0-1
ドイツはFKのこぼれ玉を3、4人で詰めてて、日本DF誰もいねーじゃん。

後半24分、DFがあれよあれよという間に、切り裂かれて、バラックがループ気味でゴール右上に決め0-2
ワンフェイントいれて、余裕の一撃でしたな。
敵ながら、凄いゴールでした。
あれはGKは仕方ないね。

バラックはこの後もFKをゴール右上隅に蹴ってあわやゴールかと思いきや、楢崎が辛うじてパンチング。

高原、稲本も交代させて、大久保らが入ってくるも、交代の意図がイマイチわからないまま時間が経過。
どんどん好き勝手に攻められるようになってきてました。

0-2で終了と思われたロスタイム、強引に突破しようとした大久保が1対1でボールを取られ、速攻をくらって、最後はまたもクローゼにゴール左隅に流し込まれ0-3
最後のシュートは技ありでしたが、これでもかってくらいにDFがめっためたに切り裂かれました・・・。
3点目は余計でしたな。

ドイツはボールを取るとアサモアとかが前線までキープして素早く上がって、バラック、クローゼ、おすすめのシュバインシュタイガーが絡んでフィニッシュまで行くという感じ。

日本は期待された稲本はミドルを大きく外した以外は、まったく目立ってなかった。
ドイツからの凱旋帰国といきたかった高原の気持ちはすごく伝わってきたけど、力みすぎなシーンばかりでした。

完敗でした。
いくらヨーロッパ組みが揃ってなくても、心配ですね。
06ドイツは大丈夫なのでしょうか。

あと、なぜかドイツのユニフォームが赤かった。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-17 12:44 | ジーコJAPAN

第25回 トヨタカップ FCポルト(ポルトガル) 0-0 オンセ・カルダス(コロンビア)(テレビ中継)

【前半】スコアレス

予想通りに、ポルトが一方的に攻めてオンセが守る展開。
マッカーシーのシュートがオフサイドだったりバーに当たったり、直接FKがポストに跳ね返って決めきれずと、ポルトが終始攻めまくる展開。
決められるところで決めておかないと痛い目に遭うのが常ですので、ご注意を。
対するオンセは守りが固い。最終ラインが高い選手が多く効いている。
最後の最後でオンセがカウンターから右サイドのビアファラが強烈なミドルをかますが、ゴール右。守りから攻めへの展開が速かった。
後半はもっとオンセのカウンターが見たい。


【後半】まだスコアレス

マッカーシーのシュートがまたもオフサイドの判定。審判団が南米だから仕方ないのか・・・。
20分すぎの強烈ミドルもポストに弾かれ決まらず。
CKからのヘッドもGKエナオがスーパーセーブ。
オンセのPKっぽかったビッグチャンスも審判は笛を吹かず。
だんだん荒れてきて、イエロー連発。
でも、荒れすぎず面白い展開。
その後もポルトが怒涛の攻め、攻め、攻めを見せるが、GKエナオが守り抜いて延長戦へ。
Vゴール方式じゃない15分ハーフの延長戦。


【延長前半】依然スコアレス

ポルトGKバイアが突然倒れてしまい、交代。近年、サッカーの試合中に発症とかいろいろあったので心配ですね。
PK戦を見据えると、精神的支柱がいなくなってしまったのが痛い。


【延長後半】スコアレスドローでPK戦へ

久々に両チーム速攻を打ち合った。
FKからマニシェのシュートも右に外れる。
再びポルトの攻勢が続く。
が試合終了。


【PK戦】8-7でポルト優勝

PKに絶対的自信のあるオンセ・カルダスが先行

オンセ ○○○○×○○○× 7
ポルト ○○○×○○○○○ 8

ポルト1本目のジエゴが決めたあとに暴言を吐いたのか、レッドカードで退場。
2、3本目はオンセGKエナオが触ってんじゃん。読みはバッチリ。
4本目のマニシェが、なんとバーに弾かれて外した。
これでオンセが決めて終わりかと思いきや、ポストに・・・。
ポルト5人目マッカーシーが決めてサドンデスに。
オンセは9人目が外した。
ポルトは冷静に決めて8-7でポルト優勝!!!


【総括】

ポルトはオンセ・カルダスの術中にはまってPK戦にもつれた。
これで、オンセかとおもいきやポルトの勝ち。
MVPはマニシェ。商品はプリウス。

12月12日、トヨタカップはヨーロッパ13勝、南米12勝で終焉を迎えた。
プロのない時代から日本サッカーをここまで引き上げてきたのは、紛れもなくトヨタカップでした。
いい試合をたくさん見せてもらいました。
Thanks。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-12 22:11 | トヨタカップ

最後のトヨタカップ

トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップも第25回大会の今回をもってその歴史に幕を降ろします。

カードは、FCポルト(ポルトガル) VS オンセ・カルダス(コロンビア)

デコはバルサに行ってしまいましたが、ポルトでしょう。
中盤のマニシェって選手はいいミドルがありますね。炸裂するんでしょうか。
他にも中盤には、コスティーニャ、ジエゴ、デルレイとテクニシャン揃い。
トップには、南アフリカのマッカーシーとルイス・ファビアーノ
後ろには、ジョルジュ・コスタがキャプテンで守ってますね。
恵まれた練習環境をテレビで見ちゃったので、まぁ強くて当然て感じですかね。

一方、南米リベルタドーレス杯でのオンセの勝ち方は、手堅く勝ちすすんできました。
すごい月給でプレーしてんですよ。
安い選手は、日本のバイト代ぐらいみたいですよ。
あの、イギータを崇拝するGKのエナオの反射神経と、合宿生活で培った家族のような絆で、ポルト相手に一泡吹かせてほしいですね。

ってことで、後で試合結果を追加しまっせ。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-12 18:59 | トヨタカップ

キリンチャレンジカップ 日本代表メンバー

稲本が復帰!!半年ぶりだって。
あと、ドイツ戦なだけに、もちろん高原も召集。
マジョルカに旅立つ新婚の大久保も出発を遅らせて対応する模様。

GK
土肥洋一 東京
川口能活 ノアシェラン
楢崎正剛 名古屋

DF
三浦淳宏 東京V
田中誠 磐田
西紀寛 磐田
茶野隆行 市原
宮本恒靖 G大阪
松田直樹 横浜
中沢佑二 横浜
三都主アレサンドロ 浦和
加地亮 東京

MF
藤田俊哉 磐田
福西崇史 磐田
小笠原満男 鹿島
中田浩二 鹿島
本山雅志 鹿島
遠藤保仁 G大阪
稲本潤一 ウェストブロミッチ

FW
鈴木隆行 鹿島
高原直泰 ハンブルガーSV
玉田圭司 柏
大久保嘉人 C大阪

当日横浜国際は冷え込んで寒そうだ{{{{(+_+)}}}}
熱い試合を見せてくれー!!!
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-10 10:52 | ジーコJAPAN

キリンチャレンジカップ ドイツ代表メンバー

12月16日の日本-ドイツの代表メンバー。が発表になりました。
ちなみにドイツは16日に日本と、19日に韓国と、21日にタイと戦うアジア遠征を組んでいます。
※VfBシュツットガルトの選手はUEFAカップで日本戦は来ないって・・・。

GK
オリバー・カーン バイエルン・ミュンヘン
※ティモ・ヒルデブラント VfBシュツットガルト
シモン・イェンツシュ VfLボルフスブルク

DF
※アンドレアス・ヒンケル VfBシュツットガルト
※フィリップ・ラーム VfBシュツットガルト
パトリック・オウォモエラ アルミニア・ビーレフェルト
クリスチャン・パンダー シャルケ04
ペア・メルテザッカー ハノーバー96
クリスチャン・ヴェルンス ボルシア・ドルトムント
ロベルト・フート チェルシー

MF
フランク・バウマン ベルダー・ブレーメン
ファビアン・エルンスト ベルダー・ブレーメン
ティム・ボロウスキー ベルダー・ブレーメン
ベルント・シュナイダー バイヤー・レバークーゼン
トルステン・フリンクス バイエルン・ミュンヘン
バスティアン・シュバインシュタイガー バイエルン・ミュンヘン
ミヒャエル・バラック バイエルン・ミュンヘン

FW
ミロスラフ・クローゼ ベルダー・ブレーメン
ジェラルド・アサモア シャルケ04
トーマス・ブルダリッチ VfLボルフスブルク
※ケビン・クラニィ VfBシュツットガルト
ルーカス・ポドルスキー 1FCケルン

カーンにバラック、シュナイダー、シュバインシュタイガー、アサモア、そしてW杯以降不調ながら徐々に復調しているクローゼなどの名前がありますから、なかなかいいメンツが揃いましたね。
ドイツとしては、イェンツシュ、パトリック・オウォモエラ、クリスチャン・パンダーが初招集ということで、新戦力の発掘の意味合いもありそうですね。
監督は、なんとクリンスマンですよ。往年のプレーが懐かしいですね。
しかもアシスタントには、オジェック(元浦和レッズ監督ね)と、あのビアホフですって。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-10 10:47 | ジーコJAPAN

長谷川健太がエスパルス監督に就任

古くからの清水ファンにとっては、ついにこの日が来た!!って感じですね。
初のチームOBの監督です。
あの重戦車のようなドリブルが懐かしいです。
さくらももこと同級生だったということで、夢を叶えてサッカー選手になったって「ちびまる子ちゃん」にも出てました。
引退後はNHKの解説者やりながら、浜松大で指導者として力をつけてましたね。
天皇杯にも2回ぐらい出てました。
そして、今春S級ライセンスを取得してたので、いずれエスパルスの監督になるだろうと思ってましたが、早かったね。
他のJのチームで武者修行してからでもいいんだけど、それだけ今のエスパルスは厳しいってことですかね。
まさに、最後の切り札は切られました。
エスパルスが安定して強かった頃(アルディレスとかペリマンの頃)は長期政権だったので、今回は一年で首切りがないように複数年契約のようです。
もう強くなるまでケンタ監督で!って感じですね。

テレ朝の「やべっちFC」(!?)から堀池巧さん、早稲田から大榎克己さんを呼び寄せて、再び三羽ガラスでやってみたら!?
GKコーチは引退したばかりの真田さんで決まりですよね。
ついにJ開幕からやってるのはチーム内で1人になってしまったMr.エスパルス澤登には、まだまだ頑張ってもらいたいですね。99年チャンピオンシップの魂のFKはオレの胸に焼き付いています。

とにかく強いエスパルスを復活させてほしい。
エスパルスの選手のポテンシャルは絶対に高いはずなんだから、王国の意地を見せてくれ!!
そして、優勝を。
そしてそして、ドイツW杯日本代表にたくさん送り込んでちょうだい。

P.S.
なななんと、鉄人サントスがヘッドコーチに!!
もう、往年のエスパルスが揃い踏みですね☆
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-10 10:40 | エスパルス