カテゴリ:トヨタカップ( 2 )

第25回 トヨタカップ FCポルト(ポルトガル) 0-0 オンセ・カルダス(コロンビア)(テレビ中継)

【前半】スコアレス

予想通りに、ポルトが一方的に攻めてオンセが守る展開。
マッカーシーのシュートがオフサイドだったりバーに当たったり、直接FKがポストに跳ね返って決めきれずと、ポルトが終始攻めまくる展開。
決められるところで決めておかないと痛い目に遭うのが常ですので、ご注意を。
対するオンセは守りが固い。最終ラインが高い選手が多く効いている。
最後の最後でオンセがカウンターから右サイドのビアファラが強烈なミドルをかますが、ゴール右。守りから攻めへの展開が速かった。
後半はもっとオンセのカウンターが見たい。


【後半】まだスコアレス

マッカーシーのシュートがまたもオフサイドの判定。審判団が南米だから仕方ないのか・・・。
20分すぎの強烈ミドルもポストに弾かれ決まらず。
CKからのヘッドもGKエナオがスーパーセーブ。
オンセのPKっぽかったビッグチャンスも審判は笛を吹かず。
だんだん荒れてきて、イエロー連発。
でも、荒れすぎず面白い展開。
その後もポルトが怒涛の攻め、攻め、攻めを見せるが、GKエナオが守り抜いて延長戦へ。
Vゴール方式じゃない15分ハーフの延長戦。


【延長前半】依然スコアレス

ポルトGKバイアが突然倒れてしまい、交代。近年、サッカーの試合中に発症とかいろいろあったので心配ですね。
PK戦を見据えると、精神的支柱がいなくなってしまったのが痛い。


【延長後半】スコアレスドローでPK戦へ

久々に両チーム速攻を打ち合った。
FKからマニシェのシュートも右に外れる。
再びポルトの攻勢が続く。
が試合終了。


【PK戦】8-7でポルト優勝

PKに絶対的自信のあるオンセ・カルダスが先行

オンセ ○○○○×○○○× 7
ポルト ○○○×○○○○○ 8

ポルト1本目のジエゴが決めたあとに暴言を吐いたのか、レッドカードで退場。
2、3本目はオンセGKエナオが触ってんじゃん。読みはバッチリ。
4本目のマニシェが、なんとバーに弾かれて外した。
これでオンセが決めて終わりかと思いきや、ポストに・・・。
ポルト5人目マッカーシーが決めてサドンデスに。
オンセは9人目が外した。
ポルトは冷静に決めて8-7でポルト優勝!!!


【総括】

ポルトはオンセ・カルダスの術中にはまってPK戦にもつれた。
これで、オンセかとおもいきやポルトの勝ち。
MVPはマニシェ。商品はプリウス。

12月12日、トヨタカップはヨーロッパ13勝、南米12勝で終焉を迎えた。
プロのない時代から日本サッカーをここまで引き上げてきたのは、紛れもなくトヨタカップでした。
いい試合をたくさん見せてもらいました。
Thanks。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-12 22:11 | トヨタカップ

最後のトヨタカップ

トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップも第25回大会の今回をもってその歴史に幕を降ろします。

カードは、FCポルト(ポルトガル) VS オンセ・カルダス(コロンビア)

デコはバルサに行ってしまいましたが、ポルトでしょう。
中盤のマニシェって選手はいいミドルがありますね。炸裂するんでしょうか。
他にも中盤には、コスティーニャ、ジエゴ、デルレイとテクニシャン揃い。
トップには、南アフリカのマッカーシーとルイス・ファビアーノ
後ろには、ジョルジュ・コスタがキャプテンで守ってますね。
恵まれた練習環境をテレビで見ちゃったので、まぁ強くて当然て感じですかね。

一方、南米リベルタドーレス杯でのオンセの勝ち方は、手堅く勝ちすすんできました。
すごい月給でプレーしてんですよ。
安い選手は、日本のバイト代ぐらいみたいですよ。
あの、イギータを崇拝するGKのエナオの反射神経と、合宿生活で培った家族のような絆で、ポルト相手に一泡吹かせてほしいですね。

ってことで、後で試合結果を追加しまっせ。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-12 18:59 | トヨタカップ