カテゴリ:エスパルス( 8 )

J1・ファースト第31節 柏レイソル 1-2☆ 清水エスパルス(日立柏サッカー場)

まさに裏天王山。
「絶対に負けられない戦い」でした。

開始早々、あれ??っていう間に柏がレイナウドのシュートで先制。
状況が状況なだけに、選手スタッフたちには重く苦しいプレッシャーがかかったはず。

しかし、事故のような失点の後は一気にエスパルスペースで試合が進んだ。
ホームとアウェイが逆じゃないかというような展開。
何度も訪れるシュートシーン。
でも普通なら入るだろというようなやつも外しまくる。
焦りだろう。

何とか前半で追いつきたかったが追いつけず。

後半に入ってもエスパルスペース。
柏の散発な攻撃にも助けられて攻め続ける。

残り15分まで0-1で、今日もこのまま負けてしまうのだろうかと思いたくなかったが誰もが不安になったであろう76分。

柏ゴール前で、状況はよくわからんがPKを獲得。
しかし、前節チョジェジンがPK失敗して敗れているだけに・・・
でもマルキーニョスが右に流し込んで1-1試合が振り出しに戻った。

そして、そのまま攻め続け、柏クレーベルが兵働に肘打ちをくらわし一発退場し、完璧にエスパルスの流れになってきた。

そしてそして後半44分。
ついに勝利を決定付けるゴールが決まる。
最初入ったのかわからなかったが、ゴール前の混戦から途中出場のチェテウクが押し込んでいた!

そして、長いロスタイムも澤登、西野を送り込んで時間を使い、終了の笛。

歓喜!!

J1残留に大きく近づく大きな大きな勝ち点3を手に入れた。

エスパルスは兵働、枝村、青山のルーキーたちがいいプレーをしてました。
あと山西、ベテランが渋い働きをしてました。
チェテウクが入って流れがさらにエスパルスになったので、健太の采配も当たりだったと思います。
チョジェジンとマルキーニョスも前線で体張って頑張ってたと思います。
ただもっと決めてほしかった。

柏は、前半最初のあたりは全体的にキレキレでしたが、後半に入るとしまいには足が止まりだしてました。
あと、玉田の前線からのチェックやスペースへの動き出しが効いてました。

全体的に「柏は荒い。」という印象を受けた。
殺人タックルのオンパレードで、怪我人が出ないか冷や冷やでした。
ラモスそのものなのは仕方ないけど、熱くなればいいってものではないと思う。
あれじゃ、田中達也も怪我させられたわけで・・・
あれだけ汚いタックルばかりしてると味方も怪我するのでは・・・

∴柏J2行ってよし。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-11-20 22:09 | エスパルス

J1・ファースト第2節 東京ヴェルディ1969 0-0 清水エスパルス (味の素スタジアム)

a0027371_23164976.jpg
a0027371_23165847.jpg
a0027371_23171350.jpg
a0027371_23172158.jpg
a0027371_2317317.jpg


長谷川健太新監督のエスパルスは第1節広島戦を1-1でドロー発進。
東京ヴェルディは新加入ワシントンが絶好調。ゼロックスでも点を取り、第1節でもゴール。危険。

今日は、杉山こうたがトップ下!?に入って神戸から武者修行帰りの高木和道がテルとボランチ、ケガの由紀彦に代わって太田が出てました。

前節同様、相手にボールを支配される展開。

チェ・テウクがイイ!上手い。さすが韓国代表。左から突破し、数々のチャンスを作った。
右の太田も、気合十分な感じで、右から左からクロスを供給した。

相手に傾いてる流れをMr.エスパルス澤登投入で、少し流れがよくなりかけたりしたが、決められず。
終盤は、かなりディフェンスがもたついてました。森本君にもやられそうになるし。

決定力がなかった…。
ので、結果は0-0

チョ・ジェジンは次こそ決めてください。
韓流ブームに乗っかって、エスパルスの韓国代表コンビは大人気でした。
かなりいい補強だと思う。
市川はだいぶディフェンスが上手くなりましたね。昔はキビシかったから。
あと、山西がサックスブルーじゃなくオレンジ着てるのに、まだ抵抗あります。

お互いに決定力がなかったが、ヴェルディは予想通りワシントンが怖かった。
ワシントンがシュート打つと、悲鳴が!
ポストに救われたシーンもあった。
山田卓也が相変わらず上手かった。
てか、審判クソ!!!

次節こそは、健太監督初勝利が見たいぞ!!!
って、次はナビスコ予選。
相手は…、鹿島か、得意な相手じゃん。
頼んだ!!
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-03-12 23:17 | エスパルス

長谷川健太がエスパルス監督に就任

古くからの清水ファンにとっては、ついにこの日が来た!!って感じですね。
初のチームOBの監督です。
あの重戦車のようなドリブルが懐かしいです。
さくらももこと同級生だったということで、夢を叶えてサッカー選手になったって「ちびまる子ちゃん」にも出てました。
引退後はNHKの解説者やりながら、浜松大で指導者として力をつけてましたね。
天皇杯にも2回ぐらい出てました。
そして、今春S級ライセンスを取得してたので、いずれエスパルスの監督になるだろうと思ってましたが、早かったね。
他のJのチームで武者修行してからでもいいんだけど、それだけ今のエスパルスは厳しいってことですかね。
まさに、最後の切り札は切られました。
エスパルスが安定して強かった頃(アルディレスとかペリマンの頃)は長期政権だったので、今回は一年で首切りがないように複数年契約のようです。
もう強くなるまでケンタ監督で!って感じですね。

テレ朝の「やべっちFC」(!?)から堀池巧さん、早稲田から大榎克己さんを呼び寄せて、再び三羽ガラスでやってみたら!?
GKコーチは引退したばかりの真田さんで決まりですよね。
ついにJ開幕からやってるのはチーム内で1人になってしまったMr.エスパルス澤登には、まだまだ頑張ってもらいたいですね。99年チャンピオンシップの魂のFKはオレの胸に焼き付いています。

とにかく強いエスパルスを復活させてほしい。
エスパルスの選手のポテンシャルは絶対に高いはずなんだから、王国の意地を見せてくれ!!
そして、優勝を。
そしてそして、ドイツW杯日本代表にたくさん送り込んでちょうだい。

P.S.
なななんと、鉄人サントスがヘッドコーチに!!
もう、往年のエスパルスが揃い踏みですね☆
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-12-10 10:40 | エスパルス

J1セカンド 第8節 ジュビロ磐田-清水エスパルス(静岡エコパAWAY)

今日は、静岡ダービーでした!!
是が非でも負けられない試合です。
余裕があったら、エコパ行きたかったけど、ムリでした。

ネットで途中経過をチェックしてました。

アウェイ通算100勝も懸かってるこの試合。

オレの永遠の英雄(ヒーロー)Mr.エスパルス澤登が350試合のメモリアル。
それにくわえて、愛娘のバースデイ。
今回のダービーは、まさにノボリのための試合ですよね。
いつの間にか出場試合数は秋田のアゴに抜かれてしまってますが、
1試合でも長く出続けてほしいものです。
世代交代は確かに必要だとは思いますが・・・。
まだまだノボリの活躍が観たいです。

2-1でエスパルス勝利!!!

ハチマキ野郎グラウに先制されるも、
オレンジの若虎・大砲チョジェジンが2得点!!
なんと、一気に得点ランク上位に顔出しです。
スゴイですね。
見事な逆転勝ちです。

VTR観るのが楽しみです。

ダービーでの一勝はデカイぞ!!!

最近、アラウージョの調子が落ちてるようで気がかりだけど、
今度こそ上昇のきっかけになってくれ!!
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-10-02 21:51 | エスパルス

J1セカンド 第4節 清水エスパルス-サンフレッチェ広島(日本平・スーパーサッカーのVTRのみ)

ゴールシーンのみVTRで見ました。

3-0で圧勝。
スコア上は、この上ないのだが・・・。

杉山コータが、相手選手との接触で鎖骨骨折。全治3ヶ月の大怪我・・・。
戸田が、前半途中で黄2枚で退場・・・。こちらは確信犯・・・。

早くもゲームプランが崩れた。

後半に入り、広島のDFもアラウージョを倒して赤をもらい一発退場。
これで得たPKをチョ・ジェジンが左隅に決めてJJがJ初ゴール!!!
先日のナビスコ味の素でのスーパーゴールに続いて相変わらず好調さ。
韓国代表召集も、アン・ジョンファンが出たため、試合には出てないから疲れも大丈夫のようだ。
1-0

さらに終了間際に絶妙のパス交換、最後はコータに代わった澤登からアラウージョ!!!
2-0

さらにさらにJJに代わって出場のキタジも積極アピール弾!!!
ヘッドで決めて3-0

伊東テルをトップ下に起用、左に高木ジュンペーを起用しての新布陣お披露目は前半途中までで終了。
これで、次節は2人のボランチが出れない!!!
戸田のラフプレーも、欧州じゃOKなのかもしれぬが、郷に入ったら郷に従ってもらわねば。

キビシーね。
テルをボランチに戻さざるを得ない。
どーすんだよエスパルス!

せっかく上向いてきたんだから、このままいい流れで行こうぜ!!
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-09-12 23:07 | エスパルス

ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 東京ヴェルディ1969-清水エスパルス(味の素スタジアム)

a0027371_1252250.jpg


エスパルス●1-2でVゴール負け
ノックダウン方式のため、敗退・・・。

大雨が降る中、激しい消耗戦になったが、運がなかった。
決勝点は、まぐれゴール。
米山のFKが、桜井のドコかに当たってコースが変わって入ったという。
本人も、当たった箇所を判ってなかった。
しかたねーよ。ね。
リーグ戦頑張ろーや!!

エスパルスも、期待のチョジェジンが2試合目で早くも初ゴール!!!
先制!!
今日は、北嶋に代わって先発してました。
長身なので、頭に注目してたら、いい足持ってんじゃん。
ゴール右上にミドルシュートを豪快に叩き込んだ。
今後が楽しみだ。

終始、大田主審の思いっきりホームびいきな判定にも悩まされた。
えーーーって判定がかなりありました。
そりゃねーよ。ってね。
エスパにイエロー乱発するし。
エスパ選手が倒れてもお構いなし。
激しいブーイングをかましてやりましたよ。

やはり予想通りに、日本代表・山田卓也が効いてました。
効いてるどころか同点弾を決めてきやがりました。
あと米山とのコンビも冴えてました。
うぬぬぬぬ。

エスパルスは、決定的チャンスを3回ぐらいフイにしました。
なんか、イマイチなんですよ。
前線に球が収まってない感じ。
コボレ玉が、みんなヴェルディーに行っちゃうし。
後半には、一方的にエスパ陣内で回されるという屈辱も。
サイドから崩されようとも、何とか真ん中で跳ね返してましたが、延長戦で力尽きました・・・。

杉山コータもだいぶ慣れてきましたね。
市川の左は、どうなんでしょうかね!?
鶴見ケガ&戸田出場停止で、池田昇平が久々出場でした。

ヴェルディー森本が途中から出たんですが、かき回されました。
なんか、以前にテレビで見たのよりプレーが安定してきましたね。
何より、フィジカルが強くなってる。
なんて言っても、所詮16歳なんですけどね。
今後が末恐ろしいですね。
日本のためにも、しっかり育てて頂きたい。

あと、キタジこと北嶋の応援歌がいいですね。
(情熱の薔薇のメロで。)
さあ行こう 清水のキータジ とーもに戦おう♪
キタジのゴールが勝利呼ぶ 俺らはずっと信じてる♪

でもね、点取ってくれないとさ・・・。

後半開始が落雷で20分ぐらい遅れたりもしました。
1969シートで座ってまったりと応援してたんですが、負けたのでドッと疲れが来ました。

チョジェジンの初ゴールに¥1969払ったんですよ、今夜は。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-09-01 00:06 | エスパルス

J1セカンド 第2節 FC東京-清水エスパルス(味の素スタジアム・MX-TV)

1-2で清水勝利!!

せっかく味の素でやるエスパ戦なんだから行きたかった。
でも行けず。
でもMXで中継あった。
帰宅してTVを付けて観た。
前半30分からしか観てないのだが、決定機はFC東京のみの前半だったようだ。

後半に入り、FC東京キーパー土肥が前に飛び出しているのを見逃さず、エスパ久保山がループシュートを決め清水先制!!
巧みですねーーー。

エスパルスが動く。
Mr.エスパルス澤登を投入。
交代はアラウージョ。
???
あれっ?
前線でキープできなくなっちゃうよーーーと思った。

FC東京はノッてる阿部吉朗を投入して、攻め立てる。
そして、前田(誰??)のクロスに、なぜかド・フリーになってる阿部吉朗がヘディングを叩き込んで同点に追いつく。
明らかに油断だね。

嫌ーーな空気が流れ始めた。
これを救ったのは、Mr.エスパルス澤登。
右のゴールライン際からのFK。
ノボリ蹴った!!
合わせた!!
決めた!!
斉藤のヘディングシュートで勝ち越し!!

若干不可解な石崎監督の采配もココにあったんですね。
的中です。
ノボリのファンタジー素晴らしいね。

そのまま、なんとか逃げ切り成功。

かなり審判の判断(PK取らず、オフサイドを取る)に救われた。
主審松村は、やや難ありって感じですね。
ただ、新出発をしたばかりの石崎エスパルスは、とにかく勝ちが欲しかった。
喉から手が出るほど欲しかった。
だからこの勝点3は大きい。

市川は、やっぱり右じゃねーの??
でも今日は、まあいいや。

FC東京は誰が出てきても、同じような走る選手ばかり。
後半で活きのいい選手の投入はイヤらしい。
でも逆に似たような選手しかいないとも言える。
代表組の代わりに出てる選手も、タイプは基本的に同じような選手ばかり。
ケリーにしかファンタジーはないのか!?

オレはFC東京も好きですが、清水とやるときは清水サポですよーーー
当たらないときは両方応援しますがね。
FC東京は次の東京ダービーは負けられない戦いですね。
ヴェルディーをボッコボコにしてほしいです。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-08-21 20:52 | エスパルス

J1セカンド 第1節 清水エスパルス-横浜Fマリノス(静岡エコパ・BS-i)

王者横浜に対して、エスパルスが挑む戦い。

エスパルスは、いろいろ話題豊富。
①石崎新監督就任後初のJ公式戦
②戸田の日本復帰戦
③市川の怪我からの復帰戦

一応、最近7試合負けなしのエスパルスではあったが、王者は強かった。
1-2で完敗。

最後の最後で、悔し紛れに鶴見がCKから豪快なオーバーヘッドを決めたが・・・。

前半の15分までは完璧でした。
積極的にプレスをかけて、取ったらサイドに回して、左の市川から右の太田まで、サイドチェンジで揺さぶっちゃったりなんかして、必ずシュートで終われてました。
最初の15分は・・・。

横浜が盛り返してきてからは、どんどん内容が悪くなる悪くなる。
アン・ジョンファンに2点も取られて・・・。
古巣に対して強烈過ぎました。

戸田のハッスルプレーや、交代出場のミスターエスパルス澤登の輝きもあったけど・・・。

やはり自力の差でしたね。

市川の左は、本職と違いますが、18歳でトップに抜擢された頃は左でも若干やってたし、その後も若干やってたから、できなくないでしょ。
でも一対一がダメでしたね。
まだ試合勘が戻ってないのかも。
少し心配ですね。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2004-08-15 21:29 | エスパルス