カテゴリ:天皇杯( 1 )

第84回天皇杯決勝 東京ヴェルディー1969 2―1 ジュビロ磐田(TV中継)

8大会ぶり5度目の優勝でしたね。
ヴェルディは、もはや古豪って感じだったので、若い力で古豪復活と喜びたいところでしょう。

ここまでの勢いそのままに、前半はヴェルディがいい攻撃してました。
何度も、平本、飯尾の2トップがジュビロゴールに迫る。でも外す…
んで、前半35分にフリーキックからヘディングシュートがポストに当たった跳ね返りを飯尾が詰めて先制!
1-0

しかーし、前半終了目前に、小林慶が2枚目で退場。
後半はジュビロが一人多い展開に。

ジュビロが、後半開始から中山隊長を投入し、攻める攻める。

ヴェルディーは運良くカウンターが決まり、平本がスピードに乗ってDFをかわしてかわして持ち込んで、流し込んで追加点。
アテネ五輪代表監督に見せ付ける起死回生のゴールで2-0

慌てたジュビロは川口を投入。でも、何でかね、右のがいいのに、左に入れる。山本正邦???
2バックっぽくして、攻める攻める。

さらに、藤田も投入して攻める攻める。
でも、反撃は西の1点にとどまり、2-1でヴェルディが優勝。

この日は、日テレベレーザも日本一に輝き、アベック優勝でした。

ジュビロの山本正邦監督はちょっと心配な感じがする。
最後引き継いだリーグ戦も、テストの位置付けとはいえ、3戦全敗。
采配に???ってのが、結構ある気がする。
アテネ五輪の時も、???だったし。

やはり、ジュビロ磐田の監督は、みかん農家とか、茶畑に麦わら帽子被っていそうな人じゃないとダメなのかね!?
そういう理由で前の柳下さんも失敗だったのかもね。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-01-01 18:37 | 天皇杯