キリンチャレンジカップ2005 日本 5-4 ホンジュラス (宮城・TV観戦)


詳細

GK 楢崎正剛
DF 加地亮、宮本恒靖(Cap)、中澤佑二、三都主アレサンドロ
MF 稲本潤一→小笠原満男(後半19分)、中田浩二、中田英寿、中村俊輔→田中誠(後半42分)
FW 高原直泰→大黒将志(後半34分)、柳沢敦→玉田圭司(後半26分)

得点 高原(前33分)、柳沢(後3分、後25分)、中村(後10分PK)、小笠原(後33分)
   ベラスケス×3(前8分、前27分、後5分)、マルティネス(前46分)


いよいよ来年のドイツに向け代表も再始動ということで、欧州組を沢山呼んでのホンジュラス戦。
中田浩二がCKをくれて、モヒカンのユミトダバラにヘッド決められて負けてベスト16敗退が決まったあの因縁の地「宮城」での代表戦は、あのトルコ戦以来だとのこと。

予想外の大乱戦になりました。

いきなりの2失点で吃驚。

しかも1点返しても再び2点差にされ・・・最終的には勝ちました。

このチーム、4バックはダメなのでしょうか。
ホンジュラスの決定力も良かったですが、ボランチとDFラインとの間を突かれまくってたのが気になりました。
苦手の中南米とかいう以前に守りが心配です。守りが。

自慢の欧州組の攻撃力は発揮されたと思います。
FWは高原1点、柳沢なんか2点も取ってました。
これで、ますますFWは混戦模様ですね。

中盤は、中田ヒデと俊輔は決定でしょう。
熾烈なボランチのポジション争いは見ものです。
稲本なら福西の方が安心して見てられそうでしたが・・・
あと、ここに小野伸二が加わるんですよね。
ほんとに熾烈です。

あと、後半途中からの「ボランチ1枚に代えて小笠原投入→中田ヒデをボランチに下げる」ってのは本大会でもリアルに使いそうですね。

ホンジュラスが本気できたので、よかったですね。


※この試合も地上波は朝日の角沢。
 この秋の東欧遠征2試合も角沢。
 他のアナはいないのか!朝日。
[PR]
by ma-kun_calcio | 2005-09-08 00:27 | ジーコJAPAN


<< ☆次回観戦予定★ J1・ファースト第20節 FC... >>